131種類の野菜・果物・植物をまるごと凝縮!
日本盛 植物生まれの酵素

2013年04月29日

シソ油の効能・効果・働き

この記事ではシソ油の成分や効能、効果、働きなどを書いていきたいと思います^^


成分
α-リノレン酸を多く含んでいます。(必須不飽和脂肪酸の一種)
ビタミンB2(微量)
カルシウム(微量)


効能と効果
α-リノレン酸は体内でEPA、DHAを合成するので、これらの脂肪酸の機能も期待でき、細胞膜に柔らかさを与えてくれます。

また、不飽和脂肪酸といって太りにくい油です。

細胞膜が柔らかければ、栄養素の取り込みや老廃物の排出もスムーズになります。

肌にあるコラーゲンを作る細胞の細胞膜が柔らかいと、新しいコラーゲンの分泌がスムーズにできるようになり、肌がプリプリになってきます。

・花粉症、アトピーなどアレルギーのある人
・素肌を健康にしたい
・アンチエイジング
・血圧が高めの人
・動脈硬化を予防したい人


利用法
α-リノレン酸を多く含む油は酸化しやすいので、加熱調理には向きません。
直接飲むか、サラダ、マリネや食卓用の油として使用するのがオススメです。

注意点
いくら体に良い油と言っても、とりすぎは禁物です。

posted by しそ油美子 at 23:45| Comment(0) | シソ油の効能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。